2019年度ISMS/PMS対応メモ①

今年もISMS/PMS対応の時期が来てしまった。

弊社ではセキュリティ担当の部署よりまず招集がかかり、

前年度の振り返りと今年度の資料の提出日程を提示される。

前年度の振り返りとしては

ISMS/PMSの認証は継続できました。

・継続できたけど細かい資料のミスが目立った。

・2019年度は注意をするようように。

といういつもどおりのものだったが、下記説明には会場のみんな苦笑いだった。

「同じミスが2017年度、2018年度で続いていることなんてないよね?」と社長から質問があり「ない」と答えましたが、後から「あった」ことがわかりました。該当部署からは2019年度は絶対に同じミスはしないと握れたので訂正はしていません。皆さんは気をつけてください。

なぜなら2017年度も「社長への報告内容と実態に齟齬があったが、該当部署と話をして社長には訂正していません」と説明をしていたから。「気をつけるのはセキュリティ担当では?」と思ったけどメンツを重んじるセキュリティ担当の確信犯という気もする。

今年度の資料の提出日程は例年通りだったが、今年度はGDPR対応が始まるということでPMSで作成をしない書類が増えてしまった。GDPR対応は、親会社から預かっている情報資産と子会社(弊社)の情報資産で扱いが違うようなのだが、親会社のセキュリティに確認すると子会社側のGDPR対応を把握していないとのこと。高飛車に現場に指示するセキュリティ担当、こんな時こそしっかりしてほしい。

GNS3の勉強用のsyslogをUbuntuで取得する①

GNS3を使ったテストをする際、各ノードのシスログが一箇所で確認ができるようシスログサーバーを立てたい。

検証用のPCはUbuntuを使用しているので、探してみたところ下記の記事を発見。

learningnetwork.cisco.com

 

手順を参考にTCP/UDPポートからのシスログメッセージを受け取れるようにする。

f:id:mm2911:20190217182545p:plain

f:id:mm2911:20190217182747p:plain

 

見様見真似でシェルスクリプトを動かしてみる。

m@PC-VN770GS1SR:~$ vi loopback_test.sh

#!/usr/bin/env bash

#----------------------------------------------------------

# Purpose:     Create loopback interface for use with gns3

# Author:      Luca Francesca

# Created:     25/08/2013

# Copyright:   (c) Luca Francesca 2013

# Licence:     GPL2

#-----------------------------------------------------------

IP=$1

MASK=$2

 

 

function usage() {

  echo -e "Usage: $0 IP MASK"

  exit 1

}

 

 

$# -eq 0 && usage

 

 

sudo ip tuntap add dev tap1 mode tap user <USER> group <GROUP>

sudo ifconfig tap1 $IP netmask $MASK up

 

コマンドは弾かれなかったけど、うまくいったのかな? 

f:id:mm2911:20190217183744p:plain

 

うまく言った場合、GNS3のCloudにtap1が追加されるみたいだけど

f:id:mm2911:20190217184902p:plain
tap1は追加されていない。。。

もう少しちゃんと調べてみよう。

 

 

参考にしたサイト

初心者が調べた。shellとは - Qiita

【初心者向け】シェルスクリプトの作り方と実行方法

 

Ubuntuでライブカメラを作ってみる

日経LinuxUbuntuを使ったライブカメラの作り方が掲載されていたので挑戦。

trendy.nikkeibp.co.jp

 

apache2のインストールまでは順調。

m@PC-VN770GS1SR:~$ sudo apt install apache2

http://localhost」にアクセスして下記が表示されることを確認。

f:id:mm2911:20190211202730p:plain

 

ffmegコマンドでWebカメラで撮影した映像をストリーミング再生できるようにする。

ffmegコマンドが実行できなかったので、下記を参考にインストール。

qiita.com

 

日経リナックスに紹介されていたコマンドを投入。

m@PC-VN770GS1SR:/var/www/html$ sudo ffmpeg -f alsa -thread_queue_size 1024 -f v412 -thread_queue_size 512 -input_format yuyv422 -video_size 800x600 -i /dev/video0 -filter_complex scale=800x600,fps=12 -c:v h264 -b:v 764k -g 24 -c:a aac -b:a 64k -flags +cgop+global_header -f hls -hls_time 2 -hls_list_size 3 -hls_allow_cache 0 -hls_segment_filename stream_%d.ts -hls_flags delete_segments out.m3u8
ffmpeg version 3.4.4-0ubuntu0.18.04.1 Copyright (c) 2000-2018 the FFmpeg developers
built with gcc 7 (Ubuntu 7.3.0-16ubuntu3)
configuration: --prefix=/usr --extra-version=0ubuntu0.18.04.1 --toolchain=hardened --libdir=/usr/lib/x86_64-linux-gnu --incdir=/usr/include/x86_64-linux-gnu --enable-gpl --disable-stripping --enable-avresample --enable-avisynth --enable-gnutls --enable-ladspa --enable-libass --enable-libbluray --enable-libbs2b --enable-libcaca --enable-libcdio --enable-libflite --enable-libfontconfig --enable-libfreetype --enable-libfribidi --enable-libgme --enable-libgsm --enable-libmp3lame --enable-libmysofa --enable-libopenjpeg --enable-libopenmpt --enable-libopus --enable-libpulse --enable-librubberband --enable-librsvg --enable-libshine --enable-libsnappy --enable-libsoxr --enable-libspeex --enable-libssh --enable-libtheora --enable-libtwolame --enable-libvorbis --enable-libvpx --enable-libwavpack --enable-libwebp --enable-libx265 --enable-libxml2 --enable-libxvid --enable-libzmq --enable-libzvbi --enable-omx --enable-openal --enable-opengl --enable-sdl2 --enable-libdc1394 --enable-libdrm --enable-libiec61883 --enable-chromaprint --enable-frei0r --enable-libopencv --enable-libx264 --enable-shared
WARNING: library configuration mismatch
avcodec configuration: --prefix=/usr --extra-version=0ubuntu0.18.04.1 --toolchain=hardened --libdir=/usr/lib/x86_64-linux-gnu --incdir=/usr/include/x86_64-linux-gnu --enable-gpl --disable-stripping --enable-avresample --enable-avisynth --enable-gnutls --enable-ladspa --enable-libass --enable-libbluray --enable-libbs2b --enable-libcaca --enable-libcdio --enable-libflite --enable-libfontconfig --enable-libfreetype --enable-libfribidi --enable-libgme --enable-libgsm --enable-libmp3lame --enable-libmysofa --enable-libopenjpeg --enable-libopenmpt --enable-libopus --enable-libpulse --enable-librubberband --enable-librsvg --enable-libshine --enable-libsnappy --enable-libsoxr --enable-libspeex --enable-libssh --enable-libtheora --enable-libtwolame --enable-libvorbis --enable-libvpx --enable-libwavpack --enable-libwebp --enable-libx265 --enable-libxml2 --enable-libxvid --enable-libzmq --enable-libzvbi --enable-omx --enable-openal --enable-opengl --enable-sdl2 --enable-libdc1394 --enable-libdrm --enable-libiec61883 --enable-chromaprint --enable-frei0r --enable-libopencv --enable-libx264 --enable-shared --enable-version3 --disable-doc --disable-programs --enable-libopencore_amrnb --enable-libopencore_amrwb --enable-libtesseract --enable-libvo_amrwbenc
libavutil 55. 78.100 / 55. 78.100
libavcodec 57.107.100 / 57.107.100
libavformat 57. 83.100 / 57. 83.100
libavdevice 57. 10.100 / 57. 10.100
libavfilter 6.107.100 / 6.107.100
libavresample 3. 7. 0 / 3. 7. 0
libswscale 4. 8.100 / 4. 8.100
libswresample 2. 9.100 / 2. 9.100
libpostproc 54. 7.100 / 54. 7.100
Unknown input format: 'v412'
m@PC-VN770GS1SR:/var/www/html$

 「Unknown input format: 'v412'」と表示されてしまったが、とりあえず進める。

 

Chromeでもストリーミング再生できるようする。

m@PC-VN770GS1SR:~$ sudo gedit /var/www/html/stream.html

 Webページのソースコード「stream.html」を下記のように編集。

<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>ストリーミング</title>
<script src="https://cdn.jsdelivr.net/hls.js/latest/hls.min.js"></script>
</head>
<body>
<h1>自宅の近況</h1>
<div>
<video id="live" width="640" height="480" crossOrigin="anonymous" autoplay="autoplay" controls="controls">
</div>
<script>
if (Hls.isSupported()) {
var video = document.getElementById('live');
var hls = new Hls();
hls.loadSource('./out.m3u8');
hls.attachMedia(live);

hls.on(Hls.Events.MAINFEST_PARSED, function () {  
video.play(); }); }
</script>
</body>
</html>

 

これで必要な準備は完了。「http://UbuntuのPCアドレス/stream.html」へアクセス。

f:id:mm2911:20190211204422p:plain

 

うーん、映らない。。。

 

ffmpegで「Unknown input format: 'v412'」と表示されてるのが原因なのかな?

ちょっと考えてみます。

Cisco UCS B Series Server~Fabric Interconnect間のトラフィック

Cisco UCS B Series Server~Fabric Interconnect間のトラフィックイメージがわかりやすい。VNtagが使われている。

 

bradhedlund.com